レース

全日本ロードレース、地方選手権などに参戦

RACE

ロードレースもやっています!
全日本ロードレース、地方選手権に参戦しています。

全日本・ST600に伊藤レーシングGMDスズカで参戦!!

古山颯太は、YSP名古屋西スタッフとして働きながら、ヤマハ系の名門チーム「伊藤レーシングGMDスズカ」様で走ることが決まりました。ST600クラスで全日本選手権に参戦、ゼッケンはNo39です。

2017年シーズンも応援よろしくお願いします。

2017年 MFJ全日本ロードレース選手権 参戦日程

  • 第1戦4/8(土)・9(日)筑波サーキット(茨城)
  • 第3戦5/13(土)・14(日)スポーツランドSUGO(宮城)
  • 第4戦6/10(土)・11(日)ツインリンクもてぎ(栃木)
  • 第5戦6/24(土)・25(日)オートポリス(大分)
  • 第8戦9/30(土)・10/1(日)岡山国際サーキット(岡山)
  • 第9戦MFJGP11/4(土)・5(日)鈴鹿サーキット(三重)

レースレポート

2017年4/8(土)・9(日)全日本ロードレース選手権第1戦
MFJ全日本ロードレース選手権第1戦 筑波大会に、当店スタッフの古山颯太がST600クラスに伊藤レーシング・GMDスズカより出場しました。公式予選は28位と雨のコンディションの中うまくまとめられず、顔つきもいつもの豪快な感じがなく、なんだか悲しそうでした。迎えた決勝は、後ろに誰もいない最後列からのスタート。スタート後は順調に追い上げ、難しいWET路面の中追い上げ16位で無事チェッカーを受けました。とりあえず最終戦の鈴鹿の出場権はGETです。伊藤レーシングのスタッフの皆様、現場スタッフの皆様、又応援して頂いた皆様、雨の中お疲れ様でした。

レース後はそのまま筑波から移動して翌日から行われる、SUGOの全日本事前テストへ行きました。次は颯太の地元SUGO、走りなれたSUGOで今回の悔しさをバネに飛躍してもらいたいものです。仙台の皆さん、山形の皆さんよろしくお願いします。

YSP名古屋西&OZTレーシング

OZT Racingは鈴鹿サンデーに参戦中!!

当店レーシングチーム「OZT Racing」は、鈴鹿選手権のST600クラスへ畝原洋がフル参戦、2016年末にレースデビューした丹羽貴大がST600Rクラスへフル参戦予定です。

item39

レースレポート

2017年9/10(日)鈴鹿サンデーロードレース第4戦
ST600に参戦した畝原洋は、耐久前に痛めた右手首が思うように治らず、さらに耐久後の燃え尽き症候群に感染し予選はなんだか振るわず、55秒149で12番手。迎えた決勝も無難に走行し14位、お疲れ様でした。ST600Rクラスへ参戦の若手の丹羽貴大、土曜午前中の走行でアクシデント発生、1コーナーで転倒。怪我はないようだがマシンが大きく大破。昼過ぎにお店に戻り、損傷個所のFフォーク、ステム、Fホイル、メーターステー、ハンドルR等々を、ストックしてあるパーツをかき集め3人がかりで作業を行い、何とか閉店時間には完全に修復完了。そして日曜日の予選で、自54秒679で無事ポールポジションをGET。決勝ではスタートをばっちり決めてそのまま一度もトップを譲ることなく、2位に11秒以上の大差を付けてブッチギリ優勝。これで開幕から3戦連続優勝です。転倒が土曜日の早い時間だったのが助かりました。また少ないお店のストックスペアパーツと畝ちゃんのスペアパーツ、スタッフの整備能力のおかげでほぼ完全に修復できました。今回はチームの総合力の勝利です。貴ちゃんST600Rクラス3連勝おめでとうございます。残すは最終戦NGK杯、OZT Racing初のシリーズチャンピオン期待しています。

2017年7/28(金)・29(土)鈴鹿4時間耐久ロードレース
チームとしては6度目の参戦、過去の最上位は2015年の総合予選8位、決勝8位となりますが、今年は過去最上位を狙っての参戦です。予選では第2ライダーの畝原洋が総合10番手、NAT4番手。第1ライダーの丹羽貴大は総合8番手、NAT2番手でした。2人の平均タイムの結果、並みいるアジア各国のチームや国際ライダーに混じり、総合8番手、NAT2番手で決勝へ向かいます。迎えた決勝、選手紹介も終わりスタートまで残り5分を切ったところで、大粒の雨が・・・30分遅れでレースを始めるとアナウンス。一部のチームはドライタイヤを選択したようですが、安全のためレインタイヤを選択してスタート。順位を少し上げ6番手で2コーナーを立ち上がって行きましたが、3コーナーで転倒、10分後になんとかピットへ戻ってきました。損傷個所は修理可能なレベルだったので、今後のライダーの成長のためにも直して走らせようと決めました。慌てずに作業して、タイヤもDRYタイヤへ換え、TOPから14L遅れでコースイン。その後は快調に走行、正式結果はトップから遅れること15Lの総合52位でした。レースには、たらればはないですが転倒修復後のペースが良かっただけに残念です。次のレースへ気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。応援頂いたお客様、関係各位の皆様すいませんでした!!

2017年7/9(日)鈴鹿サンデーロードレース第3戦
鈴鹿サンデーロードレース第3戦に当店レーシングチームから2名出場しました。ST600Rクラスには丹羽貴弘が参戦。前日の走行で自己ベストを更新して気分よく日曜日の予選へ。目標は1分25秒台と今後へ向けて早い段階でタイムを出すことと話合っていましたが、見事に2つ共に目標を達成し、25秒5を狙って4周目に出し、その後抜かれることなく見事にポールポジションGET。貴ちゃん初ポール、OZT Racingとしても2年ぶりのポールポジションです。決勝では、スタートも無難に決めて周回ごとに後続との差を広げて、12周のレースで後続に10秒以上の差をつけて見事独走優勝、2連勝です。貴ちゃんおめでとう!! 走るたびにタイムを上げているのでどこまで速くなるのかとても楽しみです。ST600には畝原洋が参戦。若手に刺激を受けて最近好調ですが、予選では自己ベストを大きく更新、1分25秒9で6番手をGET。600自己最高グリットですが、貴ちゃんにタイムが負けて悔しそうでした。決勝では、スタートは無難に決め6番手で1周目を終えました。4周目に1台に抜かれ、少し離されかけたスプーン立ち上がりでハイサイド転倒してしまいました。マシンは全損ですが、大きな怪我にならずに良かったです。

P.S./次はいよいよ鈴鹿4時間耐久です。今回で7回目の参戦ですが、貴ちゃんの急成長と畝ちゃんの負けん気で、今まで参戦してきた中で最強のペアでの参戦となります。目標は総合3位以内の表彰台!! 皆さん応援よろしくお願いします!!

2017年3/26(日)鈴鹿サンデーロードレース第1戦
いよいよOZTレーシングの2017年のレース活動が始まりました。ST600Rクラスへ丹羽貴弘、ST600クラスへ畝原洋が参戦。マシンはもちろんYZF-R6、チームとしてはもう9年目の参戦です。先ずはST600クラスへ参戦の畝ちゃん、予選はあいにくの雨の影響で安全に走り17番手。迎えた決勝は、確実に順位を上げ終わってみれば10位となりました。手堅い走りの畝ちゃんでした。続いてST600Rクラスへ参戦の丹羽くん、昨年の初めから鈴鹿を走り出し昨年末のNGK杯がデビューでした。シーズンOFFに車両を全バラしてから順調にタイムUPしていますが、2戦目のレースでどうなるか。と心配していたら、予選を2番手で終え、迎えた決勝、スタートは無難に決めて2番手のまま1周目を終え、迎えた3周目のストレートで安全にトップを抜き去り、なんと先頭に!! そのままの順位を守り切り、参戦2戦目で初優勝、おめでとう丹羽君!! いやー2月の頭にお店でしっかりメンテナンスした甲斐がありました。相変わらずストレートは速かったようです。OZTレーシングとして地方選手権2勝目です。丹羽くんとにかくおめでとう。このまま勢いで4時間耐久まで行きたいですね。雨の中頑張ってくれた現場スタッフの皆さんありがとうございました。2017年も楽しくなりそうです。

YSP名古屋西&OZTレーシング
チーム員募集!!

まずはお問合せください。

YSP名古屋西
(旧バイクショップOZT)

〒454-0997
愛知県名古屋市中川区万場5-212
TEL 052-439-5225
FAX 052-414-6662

定休日 毎週月曜日・第3火曜日、イベント開催日
営業時間 AM10:00〜PM8:00

ヤマハスポーツバイク正規取扱店
ヤマハオンロードコンペティションモデル正規取扱店
ヤマハオフロードコンペティションモデル正規取扱店
プレスト正規取扱店
YAMAHAエリアサービスショップ

プライバシーポリシー

yamaha

定休日のご案内
臨時休業含む

map

Copyright (C) YSP NAGOYANISHI. All Rights Reserved.